ロストワックス精密鋳造の特点


1、寸法精度が高く、表面が良い

寸法精度は名義サイズの5‰に達することができます、表面粗さ:Ra0.8-3.2μm、これでは、二回加工の加工量を大幅に軽減されることができます。鋳物の寸法精度は高く対応でき、加工量は小さくなり、加工不要までとなる可能もあります。

2、優れた機械的性能を持ち、成形コストが安い

ロストワックス精密鋳造プロセス自体の優越性と安定性のため、鋳物の機械的な性能の面では高いレベルを持ってます。

ロストワックス精密鋳造は構造、形状の複雑な製品に特に適しています。合理的に設計された単一鋳物は、複数の部品に取り代わることができます。取り代わられるのは普通の鋳造、機械加工、プレス、鍛造、射出成形、板金などによって製造する部品です。同時に、ロストワックス精密鋳造プロセスが強い柔軟性を持ち、成形が容易になり、部品の重量が大幅に軽減され、加工コストが大幅に低減されます。また、原料節約、環境保護の面にも非常に有益です。

3、幅広い材質に適用性

ロストワックス精密鋳造は様々な鋳鉄、炭素鋼、低合金鋼、工具鋼、ステンレス鋼、耐熱鋼、ニッケル合金、コバルト合金、チタン合金、青銅、黄銅、アルミニウム合金などを含む大部分の鋳造合金に適用してます。そして、全体的にみれば加工効果は比較的安定しており、特に鍛造、溶接、機械加工のみなどでは対応難い製品に適用しています。

4、柔軟的な生産対応

大量、小ロット、さらには単個生産にも対応できます。生産コストの面では弊社のコントロールによって大きい差別がありません。非常に複雑形状も対応できます、金型方案、加工方案も製品により多様化で対応します。

お問い合わせ

ホームページ
製品紹介
お問い合わせ